蒼光龍 自分の世界の作り方

自己研究家 悟り=人それぞれに悟りの世界があり、自分の世界はこのように創造するという、スピリチュアル視点から持論を語る。 

憂鬱そうな黄色いリボンの女の子

最初はラノベとして有名になり、


後にアニメ化された作品


卑弥呼をイメージさせるような黄色いリボンをした
女の子(メインヒロイン)と、


物語を一人称で語っていく声の持ち主(高校生の男の子)(本作の主人公)


この二人と宇宙人、未来人、超能力者のキャラクターが織り成す物語である。


作品の中で、男の子は普通人、女の子は神に近い存在として描かれ、



女の子の行動によっては未来の展開が変わってしまう為、



宇宙人や未来人、超能力者であるキャラクター達は



未来において自分達の集団、組織が


有利になるよう



女の子が知らない部分で激しいやり取りが
展開されているらしい。



パラレルワールド情報統合思念体などといった



スピリチュアル用語も出てくるが、



スピリチュアル視点から



男の子は顕在意識


女の子は潜在意識


として作品を見てみると面白い。